HKLM/System/GDI/SYSFNT

システムフォントを設定します

設定後イメージ
sysfnt.jpg
動作確認 OS
WM5 PPC
WM5 SP-
WM6 Cls/Pro
WM6 Std-
動作確認機種
W-ZERO3
W-ZERO3[es]
Advanced W-ZERO3[es]
Pocket の手対応
 
選択肢 投票
とても参考になった 81  
参考になった 75  
あまり参考にならなかった 75  
参考にならなかった 75  
目次

値の型

DWORD,String

設定内容

HKLM/System/GDI/SYSFNT キー以下の Nm, Ht, Wt, It のレジストリ値に設定することで、システムが使用するシステムフォントを変更することができます。
フォントリンクを使用してフォントを置き換える方法の方が、お手軽で効果が高いです。

HKLM/System/GDI/SYSFNT/Nm = "Tahoma"
HKLM/System/GDI/SYSFNT/Ht = 900
HKLM/System/GDI/SYSFNT/Wt = 400
HKLM/System/GDI/SYSFNT/It = 1
HKLM/System/GDI/SYSFNT/HtInPts = 1

SYSFNT キー以下の値

値名内容デフォルト値
NmStringフォント名を指定Tahoma
HtDWORDフォントの高さ900
WtDWORDフォントの太さ400
ItDWORD斜体かどうか0

フォントの高さ・太さの設定単位

HtInPts の値を 1 にすると、Ht, Wt の設定単位を 100分の1ポイントで設定する必要があります。WM5, WM6 などは、大概 HtInPts が 1 に設定されていますので 100分の1ポイントで設定します。

HtInPts の値を 0 にすると、Ht, Wt の設定単位をドット数で設定する必要があります。PPC2003SE 以前は、ドット数で設定します。
フォントの高さ・太さの設定単位は100分の1ポイントで、ディスプレイドライバの DPI設定 ( デフォルト : 192dpi ) でスケーリングされます。

設定を有効にするには

値を設定後、ソフトリセットをすると有効になります。

注意点

Ht, Wt に小さい値を設定すると、フォントが小さくなりすぎて文字が読めなくなります。
存在しないフォントを Nm に設定した場合や Nm を削除した場合でも、文字は表示されました。 ( WM5 PocketPC エミュレータ上 )

キー・値がない場合

値がない場合の影響は不明です。

備考

なし

キャプチャ画像

sysfnt.jpg

Nm = "Tahoma", Ht = 1500, Wt = 600, It = 1 の場合

関連レジストリ

HKLM/System/GWE/Menu/PopFnt
HKLM/System/GWE/Menu/BarFnt
HKLM/Software/Microsoft/FontLink/SystemLink

参照

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms901091.aspx

 

以下、加筆求む

Tag: 表示 フォント