HKLM/System/GDI/GLYPHCACHE/Limit

フォントキャッシュを変更する( 表示高速化 )

設定後イメージ
default.jpg
動作確認 OS
WM5 PPC
WM5 SP-
WM6 Cls/Pro
WM6 Std
動作確認機種
W-ZERO3
W-ZERO3[es]
Advanced W-ZERO3[es]
X02HT
Pocket の手対応
 
選択肢 投票
とても参考になった 52  
参考になった 54  
あまり参考にならなかった 54  
参考にならなかった 53  
目次

値の型

DWORD

設定内容

Windows Mobile は文字を表示するときに、フォントファイルから描画する文字のデータを読み込んで、画面に表示します。文字を描画する際に毎回フォントファイルから読み込むと時間がかかるので、一部の文字データをメモリ上にキャッシュしておいて表示を高速化する機構が備わっています。
このレジストリ値で、メモリ上にキャッシュするデータサイズを指定することができます。
通常大きな値を設定すると、文字の表示が高速化されます。

HKLM/System/GDI/GLYPHCACHE/Limit = 2097152 ( 2MB )

デフォルト値は 400 です。
PocketPC 2003 の時代は、2MB 程設定しておくと表示が高速化されましたが、WM5 以降では大きな値を設定しても大きな効果は期待できません。

WM6std機(X02HT)では値を90112に推奨している事が多いです。

設定を有効にするには

値を設定後、ソフトリセットをすると有効になります。

注意点

このレジストリ値に設定した分だけのプログラム実行用メモリを消費しますので、注意が必要です。

キー・値がない場合

デフォルト値は 400 です。

備考

通常 HKLM/System/GDI までのキーは存在していますが、GLYPHCACHE 以下のキーと値が存在していない場合は手動で作成します。

キャプチャ画像

関連レジストリ

なし

参照

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms901080.aspx

 

以下、加筆求む

Tag: 表示 高速化