HKLM/System/CurrentControlSet/Services/Tcpip/Parameters/Interfaces

TCP/IP の設定をする

設定後イメージ
default.jpg
動作確認 OS
WM5 PPC-
WM5 SP-
WM6 Cls/Pro-
WM6 Std-
動作確認機種
W-ZERO3-
W-ZERO3[es]-
Advanced W-ZERO3[es]-
Pocket の手対応
-
 
選択肢 投票
とても参考になった 82  
参考になった 75  
あまり参考にならなかった 75  
参考にならなかった 75  
目次

値の型

DWORD

設定内容

TCP/IP の MTU や RWIN などのサイズは、データ転送の速度に影響します。
通常はイーサネットに合わせた値が設定されていますが、お使いのキャリアに合わせた値を設定することでデータの転送が効率的になり、転送速度が向上します。

REGEDIT4

[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\Interfaces]
MTU=1500
RWIN=33580
MSS=1460
  • MTU
    MTU で、TCP/IP の最大パケットサイズを設定する。イーサネットの場合は 1500。
    使用するネットワークに適合した値を設定すると、データの転送効率が良くなり転送速度が向上する。
    W-CDMA などのパケットサイズは、キャリアのホームページなどを参照すること。
  • RWIN
    受信バッファのサイズ。
    このバッファサイズを大きくすることで、送信側とのやりとりが減るので、データ転送の効率が良くなる。
    HKLM/Comm/Tcpip/Parms/TcpWindowSize でも RWIN の設定ができるが、ここで設定した値が優先される。
  • MSS ( Max Segment Size )
    TCP/IP の最大受信データサイズを指定します。MTU から TCP/IP のヘッダを除いた値がデータサイズになります。通常は MTU - 40を指定します ( 40 が TCP/IP ヘッダ長 )。
    受信データのバッファである RWIN の値は、mss × n を指定します。

最適な設定値

ウィルコムの場合

MTU = 1500
RWIN = 17520

willcomではDDIポケットが推奨するMTU1500/RWIN17520にしたほうがいい面もあります.(例えば,MacOSやPocketPC2002などではRWIN値が極めて大きく取られているため回線が混雑しているときにパケットが完全に到達しないことによるエラーが出やすくなったりするようです.)との事です。
情報元 http://memn0ck.com/d/WILLCOM%252fLink%252fDownload.html

ドコモの場合

設定値は不明。
FOMA PC 設定ソフトで設定できると思われる。

ソフトバンクの場合

設定値は不明。
通信環境設定ツールで設定できると思われる。

AU の場合

設定値は不明。
パケット通信最適化ツールで設定できると思われる。

ADSL参考

http://www.sbcr.jp/vwalker/feature/special_old/2001_1101_toki/index_3.html
http://www.sbcr.jp/vwalker/feature/special_old/2001_1101_toki/index_4.html 参照

W-ZERO3 のデフォルト設定値

MTU1500
MSS1460
RWIN33580 (MSS×23)

設定を有効にするには

値を設定後、ソフトウェアリセットします。

注意点

キー・値がない場合

備考

通常 HKLM/System/CurrentControlSet/Services までのキーは存在していますが、Tcpip 以下のキーと値が存在していない場合は手動で作成します。

キャプチャ画像

関連レジストリ

HKLM/Comm/Tcpip/Parms/TcpWindowSize

参考

http://www.janis.or.jp/adsl/tuneup/tcp_tune.html

Tag: ネットワーク 高速化