HKLM/Drivers/Console/OutputTo

コマンドプロセッサシェルの出力先を変更しコマンドプロンプトを使用できるようにします

設定後イメージ
OutputTo.jpg
動作確認 OS
WM5 PPC
WM5 SP-
WM6 Cls/Pro-
WM6 Std-
動作確認機種
W-ZERO3
Pocket の手対応
 
選択肢 投票
とても参考になった 74  
参考になった 73  
あまり参考にならなかった 73  
参考にならなかった 73  
目次

値の型

DWORD

設定内容

Windows Mobile Developer PowerToys のコマンドプロンプトをインストールし、OutputTo の値を 0 に設定するとコマンドプロンプトを使用することができます。

HKLM/Drivers/Console/OutputTo = 0

デフォルトの値は、0xFFFFFFFF ( 4294967295 ) です。

設定を有効にするには

設定後ソフトウェアリセットで、有効になります。

コマンドプロンプトのインストール方法

  • ファイルをデバイスにコピーする
    C:\Program Files\Windows Mobile Developer Power Toys\PPC_Command_Shell\arm にある
    cmd.exe,console.dll,shell.exe をデバイスの \Windowsフォルダにコピーします。
  • レジストリを変更する
    その後 OutputTo に 0 を設定しソフトリセットをすると、cmd.exe を起動すればコマンドプロンプトを使用することができます。

注意点

OutputTo 値を 0 に変更するとコンソールへ出力されますが、1~256 を設定するとシリアルポートに出力されるようです。
デバイスによってはシリアルポートに、通信デバイスがマッピングされていたりキーボードがマッピングしている場合があり、出力がぶつかってしまった場合通信やキーボードが使えなくなってしまう場合があります。

備考

なし

キャプチャ画像

OutputTo.jpg

フォントを Tahoma 9pt 時のコマンドプロンプト

関連レジストリ

HKLM/Drivers/Console/OutputTo
HKLM/Drivers/Console/Font
HKLM/Drivers/Console/Size

参考

 

以下、加筆求む

Tag: ソフト