HKLM/ControlPanel/WiFi/ScanInterval

無線LAN のスキャンインターバルを変更する。(電池を長持ちさせる)

設定後イメージ
default.jpg
動作確認 OS
WM5 PPC
WM5 SP-
WM6 Cls/Pro-
WM6 Std-
動作確認機種
W-ZERO3
W-ZERO3[es]-
Advanced W-ZERO3[es]-
Pocket の手対応
 
選択肢 投票
とても参考になった 79  
参考になった 74  
あまり参考にならなかった 74  
参考にならなかった 74  
目次

値の型

DWORD

設定内容

Windows Mobile 機のような電池容量の小さい電話・PDA で、無線LAN を動かすと電池がみるみるうちに減ってしまいます。
少しでも電池を長持ちさせたいものです。
無線LAN のスキャンインターバルという値を調整する事で、無線LAN 使用時でも多少電池を長持ちさせる設定を行う事が可能です。

HKLM/ControlPanel/WiFi/ScanInterval  = 180

デフォルトは 60 です。単位は秒です。

設定を有効にするには

値を設定後ソフトリセットで、有効になります。

無線LAN を有効にして放置した場合の、電池持続時間 ( W-ZERO3 )

スキャンインターバル電池持続時間
60 ( デフォルト )約2時間
180約3時間

注意点

Windows Mobile は無線LAN の電源が入っている場合、一定間隔で「他の無線LANネットワーク(優先ネットワーク)」を探すために電波を送受信します。この間隔を決めるのが ScanInterval 値です。
小さすぎる値を設定すると、無線LAN が使用できなくかもしれません。

キー・値がない場合

不明

備考

キーと値が存在していない場合は手動で作成します。

キャプチャ画像

関連レジストリ

なし

参照

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa916274.aspx

 

以下、加筆求む

Tag: ハードウェア ネットワーク 外部デバイス