HKCU/SOFTWARE/Microsoft/IMEJP/3.1/MSIME/keystyle

MS-IME で変換するキーや文節移動するキーなどを ATOK 風などに変更する

設定後イメージ
default.jpg
動作確認 OS
WM5 PPC
WM5 SP-
WM6 Cls/Pro
WM6 Std-
動作確認機種
W-ZERO3
W-ZERO3[es]
Advanced W-ZERO3[es]
Pocket の手対応
 
選択肢 投票
とても参考になった 73  
参考になった 73  
あまり参考にならなかった 73  
参考にならなかった 73  
目次

値の型

String

設定内容

パソコンで ATOK を使用している方の場合、Windows Mobile の MS-IMEでも ATOK のようなキー操作を行いたいと思います。
レジストリを設定することで、MS-IME のキー操作を ATOK 風にする事が出来ます。

まずキー操作方法は、HKCU/SOFTWARE/Microsoft/IMEJP/3.1/StyleList キー以下に ATOK や MS-IME のキー方法などが定義されています。
ここに定義されているキー名を keystyle 値に設定することで、キー操作を切り替えます。

REGEDIT4
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\IMEJP\3.1\MSIME]
keystyle="ATOK"

設定を有効にするには

値を設定後、ソフトウェアリセットします。

注意点

キー・値がない場合

備考

キャプチャ画像

関連レジストリ

HKCU/SOFTWARE/Microsoft/IMEJP/3.1/StyleList

参照

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms903899.aspx

 

以下、加筆求む

Tag: キーボード ユーザインターフェイス