HKLM/Software/Microsoft/FontLink/SystemLink の変更点


*フォントリンクを設定します [#l28c87f1]

#blockdiv(float:right,width:29%,margin:2px,bordercolor:white)
|>|CENTER:設定後イメージ|
|>|CENTER:#ref(HKLM/Software/Microsoft/FontLink/SystemLink/systemlink.jpg,nolink)|
|>|CENTER:動作確認 OS|
|WM5 PPC|CENTER:○|
|WM5 SP|CENTER:-|
|WM6 Cls/Pro|CENTER:○|
|WM6 Std|CENTER:-|
|>|CENTER:動作確認機種|
|W-ZERO3|CENTER:○|
|W-ZERO3[es]|CENTER:○|
|Advanced W-ZERO3[es]|CENTER:○|
|>|CENTER:Pocket の手対応|
|>|CENTER:[[○:http://smart-pda.net/Members/mikiofuku/software/pockethand2/Chapter-050005.html#050005040000]]|
#br
#vote(とても参考になった[74],参考になった[78],あまり参考にならなかった[74],参考にならなかった[75]);
#vote(とても参考になった[74],参考になった[79],あまり参考にならなかった[74],参考にならなかった[75]);
#blockdiv(end)

#contentsx(depth=1:2)

*値の型 [#v8ea97d5]
String
*設定内容 [#d5efb335]
フォントリンク設定を行うと、フォントの表示を別のフォントに置き換えることができます。
たとえば以下の設定を行うと、 Tahoma, Courier New などのフォントはすべて SH G30-M フォントに置き換わります。

 REGEDIT4
 
 [HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\FontLink\SystemLink]
 
 "Tahoma"="\\Windows\\SH G30.TTC,SH G30-M"
 "Courier New"="\\Windows\\SH G30.TTC,SH G30-M"
 "MS UI Gothic"="\\Windows\\SH G30.TTC,SH G30-M"
 "MS Gothic"="\\Windows\\SH G30.TTC,SH G30-M"
 "MS PGothic"="\\Windows\\SH G30.TTC,SH G30-M"
 "MS ゴシック"="\\Windows\\SH G30.TTC,SH G30-M"
 "MS Pゴシック"="\\Windows\\SH G30.TTC,SH G30-M"
**設定を有効にするには [#o0928429]
値を設定後再起動すると、有効になります。
*注意点 [#q8360476]
存在しないフォントファイルやフォント名を指定してしまった場合、文字列が「□」で表示されてしまいます。
*キー・値がない場合 [#e0e6a226]

*備考 [#n8e46d4a]


*キャプチャ画像 [#k3e16ed9]
#ref(HKLM/Software/Microsoft/FontLink/SystemLink/systemlink.jpg,nolink)
*関連レジストリ [#e1b0c69f]
HKLM/Software/Microsoft/FontLink/SystemLink/SkipTable

*参照 [#u8ea86ac]
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa911469.aspx
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa911449.aspx

#br

以下、加筆求む

&tag(表示,フォント);