HKLM/Software/Apps/Microsoft Application Installer の変更点


*cab インストール時にインストール先を問い合わせる、cab ファイルを削除するなどを設定します [#j2bc1cfd]

#blockdiv(float:right,width:29%,margin:2px,bordercolor:white)
|>|CENTER:設定後イメージ|
|>|CENTER:#ref(image/default.jpg,nolink)|
|>|CENTER:動作確認 OS|
|WM5 PPC|CENTER:○|
|WM5 SP|CENTER:-|
|WM6 Cls/Pro|CENTER:○|
|WM6 Std|CENTER:-|
|>|CENTER:動作確認機種|
|W-ZERO3|CENTER:-|
|W-ZERO3[es]|CENTER:-|
|Advanced W-ZERO3[es]|CENTER:-|
|>|CENTER:Pocket の手対応|
|>|CENTER:[[×:http://smart-pda.net/Members/mikiofuku/software/pockethand2/Chapter-05.html]]|
#br
#vote(とても参考になった[74],参考になった[76],あまり参考にならなかった[74],参考にならなかった[74]);
#vote(とても参考になった[75],参考になった[77],あまり参考にならなかった[75],参考にならなかった[75]);
#blockdiv(end)

#contentsx(depth=1:2)

*値の型 [#k74a962f]
DWORD

*設定内容 [#nc6433f3]
Microsoft Application Installer キー以下の値を変更することで、cab ファイルインストール時の挙動を変更することができます。

 REGEDIT4 
 
 [HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Apps\Microsoft Application Installer]
 fAskDest=1
 nDynamicDelete=2

,値,内容
,fAskDest,インストール時にインストール先を問い合わせる。1 でインストール先を、メインメモリと外部ストレージを選択できます。0 で選択せずにインストールをします。
,nDynamicDelete,cab ファイルインストール後 cab ファイルを削除するかどうかを指定します。2 で cab ファイルを削除します。0 でcab ファイルを削除しません。cab ファイルインストーラのコマンドラインオプションで /nodelete が指定されているので、WM5/WM6 では通常 cab ファイルは削除されません。( 関連レジストリを参照 )。また cab ファイルがリードオンリーの場合は、削除されません。
,fAskOptions,既にインストールされている場合、前のバージョンをアンインストールするプロンプトを出すかどうか選択します。1 だと表示します ( デフォルト )。0 だと表示しません。この場合既に前のバージョンがインストールされている場合は、インストールが失敗します。

*関連レジストリ [#y2439947]
HKCR\cabfile\Shell\open\command
**設定を有効にするには [#g1b6bcbd]
値を設定次第、有効になります。

*注意点 [#u2c3efa9]

*キー・値がない場合 [#rbe03fef]

*備考 [#j7785543]
CAB ファイルはタップされると \windows\wceload.exe が起動しインストールされます。
インストール時の挙動は、レジストリと wceload.exe のコマンドラインオプションの両方で決まりますが、wceload.exe のコマンドラインオプションが優先されます。
*キャプチャ画像 [#w497c1a1]

*関連レジストリ [#i9f42f44]
なし

*参照 [#saccdc65]
http://www.imserba.com/forum/archive/index.php/t-104095.html

#br

以下、加筆求む

&tag(ソフト);