HKCU/Software/Microsoft/Terminal Server Client/BitmapCacheSize の変更点


*リモートデスクトップクライアントの、ビットマップキャッシュサイズを設定します [#w683d35b]

#blockdiv(float:right,width:29%,margin:2px,bordercolor:white)
|>|CENTER:設定後イメージ|
|>|CENTER:#ref(image/default.jpg)|
|>|CENTER:動作確認 OS|
|WM5 PPC|CENTER:○|
|WM5 SP|CENTER:-|
|WM6 Cls/Pro|CENTER:-|
|WM6 Std|CENTER:-|
|>|CENTER:動作確認機種|
|EM・ONE|CENTER:○|
|>|CENTER:Pocket の手対応|
|>|CENTER:[[○:http://smart-pda.net/Members/mikiofuku/software/pockethand2/Chapter-050002.html#050002040000]]|
#br
#vote(とても参考になった[73],参考になった[73],あまり参考にならなかった[73],参考にならなかった[73]);
#vote(とても参考になった[74],参考になった[73],あまり参考にならなかった[73],参考にならなかった[73]);
#blockdiv(end)

#contentsx(depth=1:2)

*値の型 [#n3a11ba5]
DWORD

*設定内容 [#v8998e7b]
リモートデスクトップクライアントが使用するビットマップキャッシュサイズを大きな値に設定することで、送受信する画像データを多くメモリにキャッシュするので、スムーズな動作を期待できます。

この値の単位は KB で、デフォルトが 1500 この値の設定最大値は 32000 です。
 HKCU/Software/Microsoft/Terminal Server Client/BitmapCacheSize = 1500

**設定を有効にするには [#ka6d8778]
値を設定後、「リモートデスクトップクライアント」を再起動すると有効になります。

*注意点 [#k46cfca1]
MSDN の解説ページでは HKLM となっておりますが、[[報告されたレジストリ:http://hikaku.fxtec.info/emonewiki/wiki.cgi?page=%A5%EA%A5%E2%A1%BC%A5%C8%C0%DC%C2%B3%A1%A2%A5%EA%A5%E2%A1%BC%A5%C8%A5%C7%A5%B9%A5%AF%A5%C8%A5%C3%A5%D7%A1%A2FTP#p1]]は HKCU となっています。

*備考 [#r9ab8c2b]
この値はデフォルトで存在していません。

*キャプチャ画像 [#dfdfb182]
なし

*関連レジストリ [#p911f160]
なし

*参考 [#v1f1778b]
MSDN
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa912846.aspx	

#br

以下、加筆求む

&tag(ネットワーク,ソフト,高速化);